ローディの最近のブログ記事

嫌いから好きへ。

このタイトルは「食べ物の好き嫌い」から出てきた。
人にも当てはまるけど、人の場合だと「嫌いから好きへ」のハードルは高い。
それは置いといて。

苦手だった食べ物が、気づいたら好きになっていることがありました。
それが何かと言うと「すき焼き」「ピーマン」「甘酒」です。

すき焼きは、あの甘めの味がダメだった、生卵に付けるのも嫌だった。
ピーマンは、あの苦味がダメだった、あの凸凹の感じも嫌だった。
甘酒は、米麹がダメだった、あの独特な味も嫌だった。

あれから30年〜(きみまろ風)

すき焼きは、めっちゃ好きなおかずになった。
ピーマンは、味も食感も好きになった。
甘酒は、健康にも良いから好んで飲むようになった。

すき焼きを食べるようになったきっかけは
学生の時に居酒屋「天狗」でアルバイトをしていた時の
夕飯(社割)で食べてからどハマりしました。

ピーマンは、近所の焼き鳥屋さんでアルバイトした時に
メニューの中にピーマンがあって、賄いで出てきて食べてるうちに美味しくなった。

甘酒は、毎年の初詣の度びに一口二口と貰っているうちに、気づいたら美味しくなった。
※甘酒も何かのバイト繋がりだったら面白かったが。

気づいてないだけで他にもまだあるかもしれない
この先も苦手だった物が好きになっていたという場面に出くわすだろう...?
ここで一つ疑問が出てきた、そもそも苦手なら食べないよな。

最後に毎年の初詣の参拝は、家から車で10分かからない「中山法華経寺」でしています。
2018年にこのお寺の参道で日本生命のCM撮影が行われています。CMには江戸川の河川敷もロケ地として写っていました。
このCMは、子供の成長がとても自然に描かれていて、親というターゲットにしっかりと伝わる内容で描かれています。
カメラーワークから映像で表す雰囲気とカメラと目線の表現が絶妙で、そこにナレーションの父の思いが加わる。
日本生命のCMライブラリにある「見守るということ。」篇の60・90秒にこの参道が登場します。ぜひ!見てみてください!
https://www.nissay.co.jp/enjoy/cm/

では、この辺で。
本年もよろしくお願いいたします。(2022年、スタートです。)
年末年始に行ったCF歩数大会があったのでこの昔話です。

二十歳くらいの頃の遠い遠い昔のこと。
仕事がAM3時くらいに終わったので、始発まで待っても良かったのですが
何を思ったか...銀座にある職場から千葉の家まで歩いて帰った時の話です。

その日は金曜日で、休日出社しないように
終わらせて帰ろうとした結果です。
始発まではまだ2時間くらいある、がしかし!
一刻も早く会社を出たい!
帰り道も知っているので、早々に歩こう!と決心。(なぜそうなる)

途中で始発が動いたら、どこかで電車乗ればいいかな位に考え
銀座から都心を抜け、永代橋を渡り葛西橋通りをひたすら東へ。
すると、前から1台の自転車が。
あー警官だ、はいはい職質されました。
お巡りさんもお仕事なので、丁重に対応します。
最後には、気をつけてお帰りください〜と。

そのままずっーーと葛西橋通りを行くとようやく浦安にたどり着きます。
浦安に着く頃には、いつの間にか明るいし!すでに電車も動いているではないか!

そうだ、その浦安駅から東西線に乗って帰れ!と(悪魔か天使の声)
いやいや、ここまで来たんだからあとちょっとじゃないか!(悪魔か天使の声)

たしかに、こんな時間に歩いているなんて普通じゃない阿保の極みである。
気が付くとバイパス沿いを今度は北上していました。
行徳を超え、江戸川を渡る頃にはもうヘロヘロです。
疲労から歩く速さも遅くなり、家に着いたのは8時を回っていました。
達成感に満足して疲労から爆睡しました。
24時間寝たのは、おそらく初めてだろう。
もうこんなに歩くことは無いだろうと思いながら
..現在は、それが自転車になっただけで阿保は健在です。

では、この辺で。
小学生時代の習い事は、そろばん、書道、スイミングを習っていました。
ちなみに小学校4年生からはサッカー部に入っていました。

そろばん塾は、公民館の横にある小さな建物に通っていました。
そこの先生は、口元に大きな黒子のあるおばぁさん先生でした。
始めたばかりの頃は、もう嫌で嫌で。
よくわからない小さい粒を弾いては、ならし。弾いてはならし。
んー3つか4つ進級しただけで辞めてしまいました。

書道は、駅前の5階建ほどのビルの3階にありました。
書道教室は、思いの外楽しかったように思います。
それはそうでしょう。
何せ、床に書いていたそうです。
後で家に電話があったのでしょうか?
自由でよろしいと笑い話として聞いたようです。
当時親になんて言われたのか、覚えていませんが。
その甲斐もあって、字は綺麗になりませんでしたが
文化ホールでの入選展示からの校長室前に貼られることもありました。

スイミングは、駅のロータリーからバスが出ていて
場所がどこにあるのかも、分からないスイミングスクールに通っていました。が
どこかでも書いた、行きの乗り物でのバス酔いでスイミングどころではありません。
ビート板を持って、水中に沈んでいる赤い大きな台の上まではいいのですが
そこから...なかなか出なかったらしい。
一人づつ順番に泳いで見せる時には...
自分の番が回って来そうになると、どんどん後ろの人に譲って
ほぼ、泳がなかったそうです。
なので、今でもちゃんとは泳げないでしょう。


というのが、習い事のはなしです。

この話から分かることは「自分が楽しんでやる」モノやコトじゃないと
良い結果に繋がらないというコトを感じたと思います。

時と場合、時代や能力、運などにもよるかもしれませんが。

では、この辺で。

書溜めの在庫なし

ブログネタの書溜めの在庫がなくなりました。
どんなお題にしようか、タイトルを考えてみようと思います。

そういえば、私は2歳で自転車に乗っていたそうです。(もちろん補助輪なしで)

・小学生時代の習い事。(そろばん、書道、スイミング)
・カークラッシュ。
・銀座から徒歩で帰宅。
・バナブル。
・見た目VS中身、の矛盾。(人編)
・見た目&中身。(クルマ編)
・嫌いから好きへ。(すき焼き、ピーマン、甘酒)
・臨機応変。
・失敗しても即行動が良い理由。
・ハンコックの次に良いもの。
・北海道の食べ物が好き。
・見るよりも、やる派。
・血液型のはなし。
・子育ては大変だ。
・夢を持ちたい。
・記憶のはなし。
・おふくろの味。
・柔らかいものがダメ。
・3速の加速。
・ニンニクとチーズ
・好きならーめん
・バイブル本(ブランド広告)
・三国志のはなし
・アルバイト
・首都高C1でのバースト
・食器のはなし
・キャラクターのはなし
・今のモノと年齢の関係


ざっと考えてとりあえず出てきたのがこれだけ、すくな。
気が向いたら、中身を書かねばならん。
マニアックなお題もちょいちょい入れます。
知らない人は知らないし、知ってる人は知ってる。
後は、なんかあった時にお題にしたり
何気ない日常をお題にしたり
年間だと30タイトルは考えなくてはならんので
業務の合間を見て、少しづつコツコツと
また書き溜めておこうと思います。

では、この辺で。
このタイトルに対して答えを言うなら、人は確かに変わる。です。
変われるのかの答えになっていないかもしれないが、
言えることは、私はこれだけです。

タイトルが重いな。軽めにシフトしよう...と言うかこのテーマは早めに終わらそう。

普段は、あまりよく見えない「その人の根っこの部分」はおそらく変わらないと思う、
木に例えれば
見えている葉っぱの形や色、枝の流れや幹の太さまでは多少の時間はかかっても
自由に変えられると言う事。

要は、その人に変える気があるか無いかだけかもしれない。
すると、変わりたいけど、変われないとか、自分はこのままでいい!とか考える。

自分として考えた時は、自分基準・自分中心でも良いですが
自分が一番ではなく、二番や三番という自分よりも誰か(何か)を優先させる
状況になると考え方や意味が変わってくる。

そう言う環境になって、初めて自分自身でも変わろうと意識し
今まで見えていたけど「見えていないふり」をしていた事や
気づいていなかったことが気になり始めたり
人生を歩む上で、環境がずっと変わらないということは...おそらくないです。
変化の度合いに差があっても、当事者にはそれぞれが大ごとです。

計画的に何かをする事はとても大変だし、きっとそうはなりません。
しかし、計画しなくては何も見えてこないという事もあります。
時代が変わり人の環境が変わるなら、人もその都度変わるべきです。


なすがまま。 ※何このリターンエースみたいなサブタイトル。

何事も、完璧な対策というものはありません。
防災しかり、保険もしかり、あらゆることに絶対はないのであれば
流されるのも人生かなという考え方もありです。

慌てたってしょうがないというスタイルもわるくない。
ただ、中身があってのことだとは思ってます。
ある程度の経験や全体把握があっての落ち着きはいいです。
しかし、単なる投げやりでこのスタイルは大人とは呼べません。
んー北斗の拳で言うところの「雲のジュウザ」はカッコ良かった。
※私が一番好きなのは「仁星のシュウ」何ですけどね。


臨機応変。 ※もはや手塚ゾーン。(意味わかりませんよね)

出ました!私の好きな言葉「臨機応変」結局はこれです!
私の好きな箭内道彦の合気道サラリーマンだっけ?家にありますが...
ーーー(ブログネタのストックが切れた)ーーーので
残念ながら、臨機応変は、次回以降...もしくは、気が向いたら書きます。

では、この辺で。

お酒とタバコ。

お酒もタバコも「かっこいい」というイメージがある。(絵的に)

私がこう思ってしまうのは、きっと音楽や漫画、さらには映画のせいだと思います。

例えば、
小学生の頃から少年ジャンプを見て育った私はワイルドキャラクターには
お酒とタバコが出てきます。
それを見て漢とはこうだ!みたいな考え(イメージ)を植え付けられたのだろう。
この話をしてアレですが、私の現在はお酒もタバコも自分からは嗜みません!

タバコのはなし。
タバコは、教習所に通い始めた頃から26歳まで吸っていた。
カウボーイのワイルドなマールボロに憧れてソフトパック(12mg)を愛煙。
タバコを辞めたのは、子供が出来たからだ。それ以降は1本も吸っていない。

お酒のはなし。
私はアルコール分解能力が高くないので自分の量で止めないと気分悪くなってしまう。
お酒をたくさん飲めば強くなる!と思った時期もあったが逆にギブ。
アルコール摂取による「筋力低下の事実」を知ってからは
自らお酒を飲むシーンは減りました。

...思い出した事を1つ。
21歳頃、プロダクションでアシスタントとして働いていたときに
当時の制作部長から、「お前、毎朝缶ビール1本飲んでこい!」と言われました。
一杯ひっかけたくらいが、お前はちょうど良いと言われました。
理由は、普段から飄々(ひょうひょう)としているので、お酒が入る事で
少なからず冗舌になるからです。(その時は、飲むわけねーだろって思いましたが)
酒癖が悪いとか、大酒飲みとか、昼間から飲んで!とかではなく「飲んでこい!」と
言われる人間もいるんだなと。(飲んだフリするとか出来たら良かったものを...)
寡黙にひたすら仕事に打ち込んでも、良いクリエイターにはなれない、という貴重な
アドバイスを頂いていた事に気づいたのも、ある程度自分一人で任される仕事が増え
責任を持つようになってからです。


音楽のことは、ロック歌手がライブやスタジオ・私生活で見せる
ジャックダニエルを片手に暴れるシーンに衝撃を受けて、
なぜかお酒かっけ〜〜!と思った。

エアロスミス・ガンズ・アンスラックス・メタリカ・エクストリーム・ミスタービッグ・
スキッドロウ・ヴァンヘイレン・モトリークルー・ニルバーナ・ボンジョヴィ・エンモー

元々、父親がお酒を飲めないので、私も体質的に得意ではない、となると
無くても苦ではない。が、きっと人生、損してんだろうなとも思う。

結局のところ私のお酒の飲める量ですが5杯くらいなので
私は、基本5杯ルール化していて、到達したらあとは帰るだけです。
若い時は、自ら帰るという選択肢は無いので、付き合わないといけない!
という謎の精神。
仕事の何が辛いって「飲み」が一番きつい!と思っています。

では、この辺で。
例えば皆さんは、ふとした瞬間に食べたくなるものが浮かぶ時ってありませんか?

私は、あります。
でも、それを本当にすぐに食べられる事は、ほとんどありません。

数時間後とか、次の日とかに食べられても、もうその時の気分ではないんです。
実現できる内容やタイミングによって、叶えられる「時」は極めて稀だと思います。

これを考えた時に、イメージしたのがコンビニって強ぇな!です。

人の欲求を満たす幅の広さに近所に24時間空いているハードルの低さも加えて流行にも合わせ
見切り品でもない限り、定価販売なのに、今すぐ欲しいという欲望を満足させられる
コンビニって強ぇな。

話を戻して、帰宅途中に急にオムライスが食べたくなったり
卵かけご飯の口になったり ナポリタンが食べたくなったり
生姜焼き・うなぎ・焼き肉・まぐろ・メンチ・春雨サラダ・茶碗蒸し・
たまごスープ・エビチリ・中華そば・キウイ・南高梅・コンソメスープ
桃・とうもろこし・中華丼・ステーキ・餃子・ビール・エンモー

過去にあったであろう食べたいものを思いついた順に上げてみたが
これ...味のレベルとして家庭や料亭の味にはならないけど
ほとんどコンビニにあるんだよね。(あれっ話が戻ってなかったかな)
コンビニって強ぇな。

タイトルを、「コンビニの強さ」に変えるべきかな。

いやいや、このままいけるはずだ。
あの何か食べたくなる瞬間って何なんだろうね。
歩いている途中に、どこかのお店のいい匂いを嗅いだのか
その人が持つ何かが感覚的に反応して、これが食べたい!となる
って事は、100%自分が知る味を想像しているはずだ。
記憶の味っていうか..美味しそうな匂いから味を描くパターンとか
自分の状況から記憶にある食べ物を思い出すパターンもありそう。

美味しそうな匂いに惹かれたら、その店に入ればいい
うなぎの白焼きのタレの焼ける匂いは、もはや広告だな。
焼き鳥屋さんの匂い広告、牛丼屋さんの匂い広告、ラーメン屋さんの匂い広告
(ジャンルを変えて想像してみます)
美容院の匂い広告、ガソリンスタンドの匂い広告、魚市場の匂い広告、
赤ちゃんの匂い広告、お婆ちゃん家の匂い広告、えんもー

こういう人の記憶の一片に些細な刺激を加えることで
行動をも左右してしまうという力が生まれます。

広告とはそういう「どうしようもなくなるもの」の気がします。

では、この辺で。

ナッツ大好き。

ナッツが好きです。
ナッツが入ってれば、きっと好き。
逆に言えば、ナッツが入っていないと普通だ。

例えばチョコレートとか、
どんなに美味しいチョコでも、ナッツが入ってれば美味しい。
デルレイのだって入ってないと普通〜。


ナッツって、何があるんだろう。

・ピーナッツ・マカダミアナッツ・ピーカンナッツ・カシューナッツ・アーモンドッツ
・ピスタチオッツ・くるみッツ・かぼちゃの種ッツ・柿の種ッツ
私の中ではこんな感じ。一部間違いもありますね。

身近なもので例を挙げれば

・ジャイアントコーンは、赤いヤッツ。
・チョコボールは、ピーナッツしか勝たん!
・キャラメルコーンのピ〜ナッツだけが売ってる。
・パンに塗るのは、ピーナッツバター。
・アーモンドチョコ。金の箱や白紅の箱。
・クレープ屋さんでは、アーモンドチョコなんとか〜のみ。
・ヨックモックでは、バトー ドゥ マカダミア 秋冬Verです。これは季節によって、
 チョコレートの入り方が変わるんです。春夏は、クッキーでチョコレートをサンド。
 秋冬は、チョコレートでクッキー全体をコーティング。
 ご自宅用で度々買っているので、我が家では空いたカンカンをよく見かけます。

とりあえず、ナッツが好きということです。
ただ、なんとなく今は、おやつを食べないようにしている。
デザートとかは、好きに食べるんだけど、おやつ時間は無し!

写真はアーモンドバターですね。砂糖などの余計な甘みは一切ない。
Blog_0929_IMG_01WF_AB.jpg

そうだ!、もう一個あった!
Blog_0929_IMG_02.jpg
ヘレマ チョコレートピーナッツクッキー オランダ産 これが超うまい!超太る!

んーあれだな、もうどうしようもない時に見かけたら、きっと買ってしまうだろうな。

そしたら、罪悪感を感じながら、1日1枚づつ食べるヤッツ。

では、この辺で。
前回の続きになる後篇です。

手術の内容までは書きませんが、手術開始から出るまでは、ジャスト2時間。
ある程度処置してレントゲン撮影を行い確認しながら微調整という感じ。
あと最後の撮影をして確認して(おそらく)終了〜かどうか..という撮影前のタイミングで..

ズキーーーン!ズキーーーーーーーーーン!
(なんかめっちゃ!痛いんですけどーー!まだ心の声)
(これ撮影して..もう終わりかな..またちょっと動かしたりするよな..)
ズキーーーーーーーーーーーン!ビリビリビリィーー!!!!
(おおおおぉ さっきまで何ともなかったけど今触ったら、絶対に耐えられない!!)

ぁ あの〜 まだ何かされますよね? なんかどっかが..痛いんですけど...。

あと撮影だけなんで。それで確認してみて。
・・・麻酔が切れてきたかな、どっちみち麻酔が切れたら痛むので。
(いやいやいや...まじか..このままいけるか..絶対無理だ!意識飛ぶぞっ)
麻酔追加しますね   はぃ... 麻酔が....また痛ってぇえぇぇ!!!
(あぶね〜撮影後もガンガンに触るやんかーーー!!!!!)

歯医者さんの痛かったら手を上げてくださいねのレベルでは無い。
麻酔がしっかり効くまでの間は、痛みをこらえながら、やっと手術が終わった。
先生に言われたのは骨折としては小さく見えますが完治が難しい骨折だそうです。
元の可動域にどこまで戻せるかと関節の再形成の具合でも左右される。わかりました。

ちなみに痛みを文字にするなら、こんな感じ。
小指だけに火がついて燃えているような感じ。怖いですね〜。
何が言いたいかというと、どんな事でも人間は自分の身に起きた事しか分からない。
楽しいことも悲しいことも、嬉しいことも辛いことも。
本気の自分ごとには思えないし、ならない!
だったら、程度は違えど自分でやってみるしか無いんですよ。
良い経験も悪い経験も、その人の人生の糧としてやるから成長があると思います。

でも悪い経験は、無いに越した事は無いです、それを回避出来るとすれば
「周りの声に耳を傾け少しでも自分に置き換える」ことだけだとも思います。
先日までオリンピック・パラリンピックとやっていて
私も右手が多少使いづらい状況になっただけですが、改めても感じたのは
たったこれだけでも、日常生活に支障をきたすことを身にしみました。

では、この辺で。
皆さん、ご存知と思いますが。
私、人生初の骨折をしていました。
もう少し詳しく書くと、骨折+脱臼を含む「右手小指中節骨骨折」です。
ちなみに、その小指の爪も半分剥がれてます。

この骨折の治療には、手術が必要なようです。
手術は、局部麻酔(小指付近のみ)で意識があり音や声も聞こえます。

着替えて手術台に寝て準備が整ったら、
はじめに行う事は、「タイムアウト」というものを行います。
これは執刀医が患者名・診断名・手術方法・手術部位を伝え、
麻酔科医・看護師が承諾書を確認して手術開始となるのです。

そして、麻酔(神経ブロック)になりますが
麻酔が超痛い!指先という神経が多い部分では、なおさら超痛い。
麻酔が効いたかどうかのチェックの為、何度か(痛いかどうか)確認される。
※何をしているか聞いたら、物凄く痛いことをしてるそうです。
 (尖ったもので摘んでるらしい)

何度か返答している答えに正しいのか?と疑問に思った。
「痛いっ。。けど耐えられる。。」「痛いですね。。」「んー。。。。痛いかなぁ」
などを繰り返して、最後に言った言葉が「痛くないです!」です。

スタッフには、整形外科医2名、麻酔科医、看護師3〜4名、レントゲン技師、看護婦と
分かる範囲でも10名以上の方のお力の上で成り立っていることを考えると、
申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

手術中の様子から最善を求めながら処置されてる印象。
医師が互いに再確認しながら処置を調整していくイメージ。
術中の聞こえてくる音や声・会話などからチームワークの良さを感じ、
改めて「大切さも」ひしひしと感じた。
それぞれのベストを尽くすことが、全体的ないい仕事につながり且つ
スキルアップにもなっていくと。
エースが10人いても上手くいかないし、役割分担があるから、
それぞれのプロフェッショナルがいるんだと感じた。

手術が始まって、どのくらい経過した頃だろうか...
手術室に音楽が流れていることに初めて気づいた、いつから流れていたのか分からない。
どこかで聞いた事のある曲(邦楽)だった。ホッとする気持ちになった。

タイトルを社会見学としたのは、医療現場を直に見学できたという意味です。
社会見学って、興味があるないに限らず面白いじゃないですか。
小学生の頃のパン工場見学のような、そういう感情になった。

なぜか手術中に笑みがこぼれた瞬間だった。

では、この辺で。 後篇へつづく。

→急遽コメ!ブログを流し読みしたら、前回の新ゴは笑っているを拾ってもらったので
 こちらでありがとう!を言っておきますね〜。さらにふざけてるまで〜。
→パラリンピックの話に触れていたりと、皆さんのもちゃんと読んでますよ〜
→ブログは大変って書いてましたね。私は、あと7回分(10月27日分)まで出来てます。
これわかる人いますか?
WWW_moji_01.jpg


意味はそのままです。新ゴフォントって笑っています。若干大袈裟かもしれませんが。
真面目な内容に新ゴを使うのは...効果的ではないかもしれませんね。
使用するフォントによって、読む人の印象・伝わり方は変わります。
コピーに合うフォントを選びサイズとカラー、字間と行間に思いを乗せましょう。

私は何度かデザインをした時に新ゴを使って怒られた事があります。
当初の私はきっと理解すらしてなかった(出来なかった)かな、
全体がダメとかここがダメとか「ダメ出し」をくらいながら、どうしてこうなったか考えを言わされます。
しかし、どう直せとか具体的にはありません!
そこで込み上げてくる気持ちは、悔しい!それと、何がダメなんだ...なら分かってる人がやればいいのに!という思いです。
この人は、どうしてこう言ったのか?なぜ、これがだめなのか!何が良くて何が悪いかを考えさせられます。
わかっている人がやれば、という考えは、マンパワーに限れば間違いではありませんが
全体や先を見た時に、それでは先行かなくなることが理解できるようになりました。



レイアウト

レイアウトは、直訳にはなりませんが、私の理解としては、"余計な物を省いていく!"です。

誌面構成を考えた時に、必要な要素をまとめたら、それらをレイアウトしていきます。
余計な飾りは、入りません。必要な飾りなら入れます。
レイアウトが、外していくという理解をするとデザインが変わります。
そこには、情報に対し意識が向くからです。
間違ってはいけないのが、クライアントありきですよ!という事。
私は、これがいいから!というのは、アーティストでは無いのでありえませんので注意してください。


グラフィックデザイナーは、こんなことが得意です。
ある原稿をレイアウトしていく! ←【初級】これ一番簡単。
原稿や素材から自分で制作し、レイアウトしていく! ←【中級】ビジュアル制作からコピー手配など
全要素のディレクションから行い、レイアウトしていく! ←【上級】もはやアートディレクターの領域

今回は、この辺で。

過信?油断?。

8月1日(日)、土曜に引き続き日曜日も7:30からモーニングライドへ出発。
その日は篠崎のポニーランドからのスタートです。
そこから、タマネギまで20kmほど北上します。
大体、心拍は150〜160台でしょうか。30〜33km辺りでの巡行。(風向きにもよる)
タマネギに着いたら、そこで水浴びのように、汗を洗い流し水分補給したらまたすぐに再開。

パワー計測はないので、心拍数から運動の質を判断するのですが(この日は調子が良かった)
その先10kmほどは、心拍160〜170〜で、速度38〜41km辺りを維持。
ピークでは、瞬間的に45kmまで上がり心拍MAXは181でした。
(180を超えたのは計測してから初ですね。)
さすがにラスト1kmでは、速度35kmも維持できなかった。
速度33kmで折返し地点に到着〜。(歩行者などの他者への注意は最優先!)

しばらくそこで休憩したのち、橋を渡って対岸に移動。
そこから南下〜、流して走行〜。
いつもの自販機が、売り切れで3台とも全てランプが消えていた!
別の自販機へ〜違う場所で水分補給を済ませる。

途中、ルートが別れるところを、どっちに行こうか迷って迷って
ギリッギリに判断して、やや強引に曲がろうとしたら

スコーーーーーーーーーーーン!と落車した。

(落車しても、自分がどうしてこうなったのか瞬時に把握はできない)
(それに落車すると、いろいろやる事があるが。)
起き上がり... いてぇ... 
とりあえず、邪魔にならないところへ移動。
いてぇ...。速度はゆっくりだったけど..いてぇ。
自転車は、STI(シフトレバー)が両方とも内側に入っている
フロントのチェーンがインナーへ外れ落ちている。
チェーンを戻して..STIをぶっ叩いて直します。
ハンガーの曲がりは無さそう。
ホイールの曲がりやフレ、ブレーキとの干渉、ほぼ見られない。(問題なし)
その他も大丈夫そうです。走って帰れます。

いてぇのは、右(頰・肩・腿・膝・手)の擦過傷と打撲と小指負傷。※写真は未掲載で。
ドリンクボトル2つには、1つには必ず水が入っているので、傷や血を洗い流します。
サングラスが割れて使えなくなった!ジャージも破れた!ヘルメットは超大事!!
帰りは、距離にして5,6kmかな、速度は20km以下で走行しながら、〜帰宅。

あ〜 久しぶりに転んだ! トラックにぶつかった時以来だわ。(5年位前だったかな。)

【教訓】
・調子に乗ってはいけない!
・過信せずに慣れてきた頃が一番危ない!
・油断していると痛い目を見る!
・流れに違和感がある時は、いつも以上に注意!
・コースやラインの選択にギリギリまで迷った時は安全な方に!

スポーツをしている以上、怪我はつきものなので自己責任です!が、
他人を傷つけたり周りの人に迷惑にならないように行動できて良かった。

以上を肝に銘じ、自転車ライフをこれからも楽しもうと思います。
Blog_0721_IMG_01.jpg

WELEDAは、ブランド名として社内でなんとなく耳にしていた程度でしたが
こんなに商品ラインナップがあるとは思いませんでした。(写っているのはすべてWELEDA!思わずパシャり)
実店舗でここまで揃ってるのは珍しいのか、もっと商品数があるのかわかりませんが。
さすが、スイス発のオーガニックコスメブランド!世界50カ国以上で愛されている規模感を感じますね。

そうそう、偶然入ったお店で娘が以前から探していたというコスメ?を見つけました。
それが、なんとWELEDAのものだったんです。
(オンラインも売り切れになっていたそうです。)
電話で問い合わせて、取り置きすればいいじゃん!と言いましたが、そこまででは無かったのか?!
(グリーンのボディオイル?をゲットしていました〜)

娘も何かの情報から、この商品を知り、たどり着いたのでしょう。
私は、ヴェレダの情報も、ここまで拡散しているんだなぁとふと思いました。
デジタルの進化による時代の変化から、世代によって、こうも情報の内容・量が違うとは...。
若い人ほど優秀な人が多いのだと感じた今日この頃です。

話題になる商品というのは、ほんの一握りかもしれませんが
実際に手にとってもらえ、しっかりと「商品の良さ」が伝わって
初めて、ブランドの「認知 + イメージ向上 + 購買 + ファン」に繋がっていくんですね。
「私はこのブランドが好き!」と。
ブランドや企業のイメージ向上は一朝一夕には成り立ちませんし
そこには長期的な活動が不可欠です。(地道な努力が必要という事ですね。)
それほど大変なのに一部の社員やアルバイトの行為等で一瞬に崩壊してしまうのは恐ろしい世の中です。
これもデジタル化の影響を受けている(良いとも悪いとも取りづらい)部分ですね。
デジタルの情報がいつも最新で正しいとは限りません、重要なのは話の本質です。

百聞は一見に如かずという言葉がありますが、
これは「100回聞くよりも、1度見るには及ばない」という意味ですが
私はこれはオンラインよりもリアルという言い方にも感じています。
百聞というくくりでは、デジタル化を受けて個への影響力のあるインフルエンサーへと
ただ聞くだけから、より強力なメッセージに進化しています、が。

オンライン(デジタル)の進化が進めば進むほど、逆にリアルの価値が上がるのではとも思います。
オンライン(デジタル)がリアルを超える事は、(一部を除いては)これから先も無いと思いますが
もはや同じ土俵で考える事自体がナンセンスかもしれない。
 
次回は、未定です。

子供の成長。

Blog_0707_IMG_01.jpg

この写真は、ショッピングモールで見た催事の巨大シルバニアファミリーです。
子供がある程度大きくなる、中学を過ぎた辺りから
こういうシーンは、ほぼスルーされていました気がします。

この時は、ちょうど娘と二人で買い物に来ていて
なぜか、(写真を撮ろうと!)と思ったのです。
しゃがみ込んでは、本気感が恥ずいので、スマホを膝あたり(被写体の中心)まで持っていき、ノールックで2枚ほど。
(ウサギの耳まで入れたらこれ120,30cmはあったかな、相当大きい等身大でした。)

撮った写真に、私や娘は入れていませんが。
(お互いに同じような写真を撮っていました。)

小さい頃は、怖がりながらもぬいぐるみと写真を撮りたがっていたなぁ
(それほどのシチュエーションだよ..)それが
写真に写るという状況にならないほど、成長したんだなと。

ちなみに、コロナ禍でシルバニアの需要は伸びたそうです。

私)祖母に、写真送ってあげたら?
娘)あ いいね! でもスマホじゃないよね! など話しながら ..。

(帰りのクルマの中) 
娘)ふと免許取ったほうがいいかな〜
  地元で取るのと地方で取るの どっちがいい?って
私)自分が走る場所で取った方が、実際に乗る時には良いと思うよ。と。
 一発試験の話もしてみた〜でも非現実的〜(原チャじゃないんだからと。)

運転席からの景色話に発展〜
軽、コンパクトカー、セダンやワンボックスから3ナンバー・5ナンバーの話〜
わナンバーも説明..カーシェアのような車を大分見るようになりました。

私が車好きな事もあって、小さい頃からチャイルドシートには常に座らせていました。
たまに、遠距離だとぐずる時もありましたが、安全第一です!
そんな事もあって、娘は、チャイルドシートへの安心感が相当高かった。
ジュニアシートの身長制限を少し超えても、まだ座っていました。笑
ジュニアシート卒業の時は、ちょっと寂しそうだったのを思い出しました。

帰りは、そのままクルマの話で盛り上がりました。
 
次回は、WELEDA!!!!!。

前回の続きから「少し待ってて〜」というところから

お客さんは、わたし以外で12,3人が席についているが...15分..20分
皆さん出揃ったタイミングと客の切れ目を見計らってようやく、テーブル越しと店先での雑談〜
私がお店の写真を撮ろうとしていると、ご主人が自転車を暖簾の前(写真)に移動してくれました。
※自転車は、元々端に方に置いていました。(人様の物の前に勝手に立て掛けるような事はしないように!)
Blog_0623_IMG_01.JPG

そうこうしながら、そろそろ出ようかなと思い出発。
ありがとうございました〜〜  気をつけて〜〜〜
ここからだと一般道なので、とりあえずサイコンで自宅までのルートを検索〜
(出てきたルートで帰る事に)帰りはおそらく、19時位?
県道をルートに従って走っていきます...。

走っていて思う事.... ずっと「さいたま」..!
そんな思いをしながら、道路標識には桶川や川越という地名が出てきますが..どこやねん!?
ふと気付くと、いつの間にか街らしくなってて、交通量も多くなって来たなぁ...んっ..
ポツ..ポツ...ポツポツ ポ バッバァーーー!(マジか雨降ってきた)
そのまま!!もうドシャ降り!!!!

一旦、歩道に上がりライト(前後)を全開!クルマにアピールしながら邪魔にならないように雨天走行〜
シューズの中はズクズク、ウェアは雨でズッシリビッチリ、ヘルメットやサングラスからは滝のように...笑
そんな状態で走っていると...サイコンのナビに異変が...。
大量の雫にサイコンのタッチパネルセンサーが勝手に反応して操作不能!!
上手く反応せず!..次の交差点はどっちやねん!?
この時点で地図表示は無く、もはやルートどころではない。
道は勘で選んでいました。
頭の中のイメージは、いざ南東へ!(後はどこかの川へ出れば..。)


今どこにいるのか?この道で合っているのか?
知っている道に出るだけで超安堵〜東京外環自動車道下の国道に出て
そこからひたすら南下〜途中に下り上りの激しいダウンアップも
下りは50kmオーバーなのでテンションMAX、上にある高速道路のおかげで雨も避けれる。
トンネルをくぐっては登ってを繰り返していると..。

見慣れた江戸川と交差する地点に..(一旦歩道へ)..対岸から江戸サイへ
江戸サイに入ると...気付くと雨がほぼ止んでいて..目に入って来たのは
薄紫からオレンジへの綺麗な夕日が眩しかった。
 なぜ...写真を撮ってない...。(ここは写真を載せるとこやろ〜!)
18時45分に帰宅〜!
帰りの途中から計測が出来ていないので、行きの(97km+14km=)111kmを単純に倍の222kmです。

今度は、違うルートで行ってみます。

次回は、子供の成長。
わたし的には、普通の休日サイクリングとしてスタートしましたが
結果的に面白い1日になったお話です。

今日は、いつもの江戸川サイクリングロード(通称江戸サイ)から
1つ隣の東京寄り、荒川サイクリングロード(通称荒サイ)にしました。
とりあえず、荒サイ(右岸)を延々と北上していきます。

道路自体は走りやすいですが、途中にいくつもあるゲート通過には注意が必要です。
それ以外は、歩行者やランナー、一般自転車・クルマに注意しながらも気楽に走れます。

そうこう(走行)していると、徐々に街の景色に緑が多くなってきて
気づくと田んぼや畑の間を通り、民家の間を抜け、さらには山あいを抜けて行くと
終点の「武蔵丘陵森林公園」に到着します。ここまでで大体100km。

ここはどこなんだ?と...(地図を見ていると ...。)
ここから14kmほど西南に身内のお蕎麦屋さんがあるではないか
連絡もしないで伺うのもと思ったが、逆にここまで来たんだから!と寄ることにしました。
行く先は、埼玉県比企郡小川町です。

Blog_0609_IMG_01.jpg

途中、寄り道で裏山の(遠山トンネルの碑)を頂いてから蕎麦屋に到着〜!
めちゃめちゃ驚かれた。散歩のつもりだったので手持ちは、2,000円...
PayPayならあるが、とりあえず「ざる蕎麦」を注文。

Blog_0609_IMG_02.JPG

出てきたのは「豪華なざる蕎麦」になってました。(蕎麦&うどん、てんぷら、さらにアイスクリームまで)
とりあえず、二千円を差し出しますが、受け取ってくれずという(いつもの押し問答)...
結局ご馳走になりました!

朝の8時に家を出て、今13時30分...(忙しい時間にすみませんと思いながら。)
お話ししたいから、もう少し待ってて〜と...。


次回は、何が起こるか分からない222km。【後編】へ

謎のパーツ。

Blog_0526_IMG_0805.jpg

謎でも何でもないですね。
見たまんま、クルマのホイールナット(貫通タイプ)です。
このカラーは、オイルスリックで見た目が好きです。

自転車にも、オイルスリックカラーのパーツはたくさん出ていますが、
まだ、いいね!しかしていません。笑

ちなみに(1)、取り付けるホイールのサイズは、19インチ。
F 8J +50、 R 8.5J +43
タイヤは、225 35 19 になります。
※これらの数字意味不明ですよね

ちなみに(2)、私「乗り物酔い」します。
小さい頃から、電車やバス、クルマとほぼ酔います。
今は、大分落ち着きましたが...。
たまに、運転の荒い方のクルマに同乗したり、遠出する時などは
今でも、酔い止め薬を(念のため)飲みます。
なので、皆さん安全運転を心がけましょう。毎日が安全運転"習慣"です。

ナットの話に戻りますが、
クルマのナットは締める力(規定トルク)がメーカーや車種により決まっています。
ホンダは、108N・mなので、私はちゃんと?わざわざ?トルクレンチを使っています。

ロックナットはご存知ですか?(知るわけない?)
ロックナットとは、ホイールを盗難から守る「鍵」のこと。
通常の形状とは異なるため、普通の六角レンチでは回りません。
(専用のアダプターが無いと外せません。)
車のホイールは、ナットの数が大抵、4つ5つ6つのどれかになり
5つであれば、そのうちの1つをロックナットに替えることになります。
安価なロックナットは、無理矢理外そうと思えば外せますが壊れます。
マックガードというロックナットは、専用アダプターを無くしたら...
個人レベルでは、ほぼ外すの困難です。
業者に頼むか...アダプターの再発行になります。

もう今日はこの辺で...。
Blog_0512_IMG_0802.jpg

思わずパシャりシリーズ。
映画館にあった、マナーポスターです。※テキスト化しました。

*****

正しいマナーを守って安全に映画を楽しもう。
ドラえもんの新しい映画様式

1.映画館は窓がないのに『換気が優れた』
 不思議な空間なのです。

2.入退場時、売店に並ぶときは、
 『きちんと距離を保ちましょう。』

3.『手洗いや消毒』は、
 こまめにしっかりと。

4.映画館のスタッフも
 『予防対策は万全です。』

5.『館内ではお静かに。』
 大声は絶対にだめ。

6.『飲食中以外はマスクを忘れずに。』
 そして楽しむ気持ちも忘れずに。

7.以上のことを忘れそうな人は、
 『アンキパンに書いて食べること。』

映画館に行こう!

*****

映画館に来る幅広い客層に合わせてドラえもんを起用し、
文字だけでは、誰にも読まれない内容にクリエイティブの力を使って
きちんと伝わるメッセージになっていると感じました。
フルカラーではない、漫画モチーフが伝える内容に合ってて良いと思います。
最後のオチもあって、やり過ぎでもやらなさ過ぎでもなく、ちょ〜うど良い。

次回は、謎のパーツです。

無印良品の思い。

Blog_0421_IMG_0801.jpg

ふらっと無印良品に入った時にパシャッと撮った写真です。
色々なことが見えてきますので、読む前に考えてみてください。
・・・
・・

さぁ、みなさん色々と気づいたと思いますが
この写真もいいですよね。子供が自分で着ようとしている。
それも、すんなり着れました〜カンタンです〜ではなく
きっと、子供が洋服を着るという大変さと
一人でやらせたいという親の気持ちと
無印商品ブランドとしてのモノづくりの姿勢など
広告制作の思いなども想像するとより共感できますよね。

で、ちょっとクリエイティブな話ですが。
え!今ので十分?とも取れますが...。
今回写真を撮ろうと思ったポイントがここ。
「キャッチコピーの長さ」です。
もはや、キャッチ兼リード兼ボディ兼的なコピーです。
※ボディは言い過ぎか。

一般的に、キャッチコピーは、短ければ短いほど
情報伝達が早く、記憶にも残ります。
ですが...そこをあえて長いコピーにしているところです。
さらに一気に読んでしまえるところも良いです。
レイアウトもそうです。
キャッチなら上〜リードなら下〜みたいな、何も考えていない配置は悲しいです。
だから、このキャッチ兼リード兼のコピーは、
「この位置でこの大きさなんだと。」
きっと無印の店内POPのレギュレーションとして
こういう展開が今の方向性になっているのでしょう。

次回は、映画館とコロナの話を。

自転車と私

Blog_0407_IMG_0800_3.jpg


今回よりブログ要員として参加しましたローディです。
趣味から日常、クリエイティブ、出来事などがネタになると思います。
よろしくお願いします。

第一回目として、やはり自転車ネタで始めましょうかね ※紹介文通りに!

まずは、この写真!
週末に体を動かすことを目的として、天気が悪くなければ、必ずサイクリングをしています。
予定にもよりますが、3時間〜6時間で終えています。
...でも、皆さんがイメージした、爽やかで快適なサイクリング〜じゃないですね。

如何に、心肺機能に負担をかけて、全身に負荷をかけて走ることが目的です。

風(向かい風)と自分に打ち勝つかです。

健康を意識して、始めた事(自転車)ですが、ストレス解消や気持ちのリセットにもなっています。

日常は、いろんなことを考えることが多くなっていますので
その走っている一瞬の連続は、だた「走る」という一つの目的に集中でき
とても効率がよく、良いリセットになるのだと思います。

家族曰く、「ただ家にいるだけ」や「どこで何しているか分からない」」より、
よっぽど良い!との事です。

家族つながりで、娘がこの春から大学生になりました。
4/2は入学式でしたが、親の出席は不可でした。そういえば、卒業式も見れてなかった。

では、次回はちょっとクリエイティブなお話を。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちローディカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。