2014年2月アーカイブ

雪と修造の関係

text by 赤様

以前、松岡修造と僕は競演した。
だから、ちょっと親近感がある。
でも、そんなことは、どうでもいい。
だが、誰もが知っている彼の熱さは、
どうでもいい領域ではなくなったと、僕は思っている。

2月、関東とその周辺は、2週連続で大雪になった。

JRが、毎年、スキーのキャンペーン広告を出すのは、
ご存知だと思うが、
今シーズンのキャッチコピーが
「ぜんぶ雪のせいだ」
というもので、
電車が止まったり、道で転んだり、
雪で散々な目にあった人たちが、
SNSでこの言葉をたくさんつぶやいていた。

jrskiski.jpg

これはこれで、うまいなと思った。
でも、もうひとつの話題もなかなか面白いと思った。

それは、
この大雪は、松岡修造が原因だというのだ。

オリンピックの取材のため、
彼がソチに到着して、ソチの気温が10度近く上がったらしい。

報道ステーションでは、
なんとTシャツ1枚でレポートする彼がいた。
これが冬のオリンピック開催地なのか?
と、目を疑う光景だ。

そして、彼がいなくなった関東周辺は2週にわたり大雪。
これは、実に47年ぶりとのこと。
そこで彼の年齢を調べると、
なんと46歳!

オリンピックが終盤を迎えるころ、
週の真ん中だったと思ったが、
三たび、雪の予報が出た。
しかし、彼が日本に戻る時期が近いということで、
この予報は曇りに変わった。

もう、おわかりですね。

彼の熱さは日本一とも言われ(笑)、
僕はそんなキャラクターがとても好きなのだが、
その情熱たるや、
雪や気候までをも変化させてしまうということなのだろう。

2020年の東京オリンピック。
彼が応援しないことは到底考えられない。
どんなに熱くなるのか、今からとても心配だ(笑)。

1万時間

どうも。2月が短いという事を月終わりになって気付いたもりぞーです。
気付かないと本当に光陰矢の如しで時間が過ぎていきますね・・・。

さて、そんな時間なのですが、
世間では「プロレベルになるには1万時間が必要」という法則が
真しやかに言われておりまして、
1万時間程度修練を重ねれば、プロとして通用するレベルまで到達する、と。
(※あくまで目安だそうです。)

実際、私も美大受験の時にデッサンの練習で経験してるのですが、
毎日3時間以上デッサンする生活を1年間続けていると、
予備校に通い始めた頃とは全く別のレベルになっているんですよね。

でも1万時間というと、
毎日8時間勉強しても約3年半も掛かってしまう計算になります。
そういう意味では、「石の上にも3年」と言う諺は
間違っていなかったんだなー、と。(苦笑


しかし社会人になりますと、1万時間なんてそうそう確保できません。
そこで、「素人からプロレベル」になるのは無理でも、
「ある程度のレベル」に行くまでの時間が存在するようです。

その時間が、20時間。

その20時間の中で、レベルアップするには以下の項目が重要だそうです。
1:習得したいスキルを分解
2:自己修正できるレベルまで学習する
3:邪魔になる物の排除
4:少なくとも20時間は練習する

このことを念頭において学習すると、
20時間でもある程度のスキルは習得できるとのこと。

何か新しく始めたい時は是非参考にしてみてくださいね!
※元の記事に詳しいことが書いてあるので、こちらを参照下さい。

いちのいち。


シーフォースのすぐ近く、神保町は
書店が多いことでも有名ですよね。


ワタシが新刊を買うときによく行くのは三省堂。


その三省堂が昨年11月にリニューアルし、
一階に『神保町いちのいち』なるお店ができました。


ちょっとこだわった雑貨などを扱っていて、
これがけっこうワタシのツボでして。


つい最近お買い上げしたのはこちら、
ARAIYANのジーンズペンケース。


20140226.JPG


ミニサイズのデニムそのもので超リアル。
細部まで徹底したこだわりにホレボレしちゃう
シロモノに出会ってしまいました。
(バックスタイルもめちゃくちゃかわいいのです!!)


ワタシはユーズドのデニム生地で作った商品を選んだので
ペンケースにしてはお値段が少々張ったけれど、とっても
気に入ったからヨシ(笑)


ワタシにはちょっと危険(!?)な『神保町いちのいち』。


神保町においでの際は、ぜひ一度覗いてみてください☆


大雪前のことでちょっと時間が経ってしまいましたが、
故郷栃木県のローカル線「烏山線」に出掛けてきました。
鉄道とサイクリングを同時に楽しもうというスタイル、
ちょっとハマっています。
じゃ、なんで烏山線?という疑問もありますね。
実はここで使用されている車両が3月で新型車両に置き換わるんです。
宇都宮から烏山線沿線をのんびり走って烏山へ行き、
そこから輪行で宇都宮までもどり、帰宅、という段取りです。

今回の主役キハ40系
01_kiha.jpg
こちらは国鉄色のキハ40 見納めです。
奥は烏山色のキハ40です。

途中のローカル色の強い風景。
03_rail.jpg


これが次世代の烏山線の主役「アキュム」
02_new.jpg

これは今年のサイクリングのテーマになりそうです。

名付けて「テツポタ」。

雪・・・

2週間前のブログで
「今年はまだ降る雪を見ていません」
などと言っていたジルです。

あれから二週連続で
週末は大雪でしたね。

路地裏には未だに
雪が残っているところも
ちらほら。

神奈川育ちで
雪に慣れていない私は
部屋から何度も外を見て
「うん、すごく降ってる」や
「さっきより積もってる」など
積雪、降雪状況を確認するという
無意味なのにテンションの上がる行動を
繰り返していました。

しかし、今年の雪は桁違いで
事故も多くて
ただ浮かれているのも
不謹慎なくらいでした。

神奈川の実家も
屋根に積もった雪と一緒に
瓦が落ちてきたそうです。

今週末は遠出をする予定。
久しぶりに雪の降らない週末になりそうで
ほっとしています。

ジルでした。
おはようございます、ikeです。
週初めの天気予報では、今日も雪が降るとの事でしたが、
山沿いの地域に雪がチラつく程度だそうで一安心です。

昨日、生まれて初めてあれを食べました。
東京名物【東京ばな奈】

なぜ家にあったのかは謎で、未開封のまま置かれていたので、
食べてはいけない物かと思い、手を付けずにおりましたが、
ようやく開封され、食べてみました。

結構おいしいですね。

そもそも東京生まれ・東京育ちの僕からしてみたら、
【東京名物何々~】というものを手にする機会が意外と少ない。
そういえば、東京タワーも行ったことがない。
上野動物園も入ったことがない。
ディズニーランドは多分2回。

東京の名所・名物を意外と知らない・いったことがない。
そんなことをふと思った今日この頃。

雪の鉄旅

こんにちは、セローです。

週末はすごい雪でしたね。

大荒れの天気でしたが、雪国の本場(?)北海道へ、
寝台列車「北斗星」を使って鉄道旅行へ行ってきました。

今回の一番の目的は「北斗星に乗ること」でしたが、
苦労してとったチケットが
「悪天候で運休→払い戻し」になってしまうと
次はもう無いかもしれない...とヒヤヒヤしましたが、無事発車。

雪で大変そうだけど、動いてくれて良かった〜と、
感謝しながらの旅行となりました。

札幌に着いて、
雪が降ったり止んだり吹雪いたりする街を見てると、

交差点には融雪剤スタンドがあったり、

歩道だけロードヒーティング中で雪が積もっていなかったり、

線路もポイントのところだけ凍らないようになっていたり、

夜になると除雪車とトラックとブルドーザーみたいな車が
3台でグループになって除雪していたり、
(除雪の邪魔にならないように?路上駐車が少なかったり)

雪国ならではの色々な工夫を見ることができました。


DSC_0454B.jpg
写真は、JRタワーからみた線路。
ポイントの所だけ雪が積もっていないので黒く目立っている...。

雪に対しても色んな対策があるんだな〜としみじみ感じた旅行でした。

ソチ五輪

0218.jpg

まさかの2週連続で大雪の週末でしたね!

 

私も2週連続で雪かきしなければならない状態に。

家の入口がちょうど吹き溜まりになっているので、

30cmぐらいの雪が積もるんですよ。

この雪を退かさないと家のドアが開かなくて・・・。

ちり取りをスコップ代わりにして雪を掘ってました。

こんなにもちり取りが活躍する日が来るなんて思ってなかったです。

 

なんとか雪を退けて家の中には入れましたが、

30分もしたら雪の重みでドアが開きにくい。

一晩たったら完全にドアが開かなくて、

あぁ、これひきこもらなければダメだなぁ、食料あるしいいかなぁ

と思いながら二度寝。

ガリガリという変な音で目を覚ましたら、

管理会社の方がきれいに雪かきしてくれていました。

家から出られて良かった!

 

清々しい気持ちで家から出たら、向かい側の駐車場で

雪に埋もれている車と格闘しているおじさんと目が合ったのが

週末のハイライトです。

text by 赤様

上村の最後のオリンピックは4位だった。
メダルを獲らせてあげたかった。
僕も確かにそう思う。
僕の周囲をみても、SNSでも、マスコミを通じた意見でも、
そういう声が多い。

生中継を見ていて、
すべり終わったあとに何を言うかがとても気になった。
第一声は、
「やりたいことが全部できた。
全てを出し切った。すがすがしい」
目にはうっすら涙が残っていたが、晴れやかな笑顔だった。

それをみてちょっと安堵した。
と同時に、彼女が笑顔だったゆえに、僕は逆に涙が出そうだった。
満足して終えられる。
そんな素晴らしいことはないだろうと思ったからだ。

たしかにメダルを獲れれば、それにこしたことはない。
でも、順位は所詮、相対でしかないし、
絶対的な実力が備わったかどうかは問われない。

失礼かもしれないが、
実力的にはたいしたことがない王者だって、
存在しえるのである。

ならば、人がどう言おうと、
自分がやりたいこと、表現したいことが、
完璧にできて満足するというのは、
最高のシナリオだと思うのだが、いかがだろうか。

勝負に勝とうが負けようが、自分は自分。
自分は、目の前の結果では何も変わらない。ゆるがない。
日本には、スポーツ選手でも一般の人でも、
こうした考え方をする人が少ないように思う。

でも、こうした考え方が、
自分自身を唯一無二の存在にし、存在価値を高め、
結果的に自らを強くすることにもつながるのだと思う。

4年間のたった1日に、
精神的にも肉体的にも、ピークをもっていくのは至難の業だ。
でも、世間や周囲の期待に応えて
自らを見失うのではなく、
自分のために、自分でたてた目標に到達するために、
競技をしてほしいと僕は思う。

映画

どうも先週末の大雪凄かったですね。もりぞーです。
私は外出していたのですが、帰宅路線に地下鉄経由があったので、
特に支障なく帰れました。

いやー。こういう時、家までの帰宅路線が3本もあるって便利ですね!

さて、そんな雪明けの中、映画を2本ほど観てきました。
一つはオタク映画の「アイドルマスター 輝きの向こう側へ!」
もう一つは、実際にあったF1の話の「RUSH/プライドと友情」です。

2本ともとても面白かったのですが、
私が生まれる前の出来事を映画化した「RUSH」が、
FIスピード感と迫力が画面にばっちり映し出されていて、
終始アドレナリンが出まくりでした。

映画観終わった後、「この映画、帰りに車運転したら危険だな」って思えるほどに(苦笑

題材のニキ・ラウダとジェームス・ハントの闘いは1976年のF1世界選手権ですので、
82年生まれの私は、全然知らなかったのですが、
この闘いを当日見ていた人はどんなに興奮していたか想像すると
とても羨ましい思いに駆られました。

そして、私が観た2つの映画に共通していたのが、
いかに「自分がどうしたか?」を考え、貫き、実行する大変さと
そうしている様が、とても輝かしく、自分もそのようでありたいと思わされたと言う事です。

自分の「どうしたいか?」を見つけ、自覚し、表明することは、
結構至難の業だなぁと痛感しております。
どうしても楽な方に流されちゃいますもんね。(苦笑

そんな訳で、
こういったメッセージのある映画を2本も観たことですし、
少しずつでもいいので、自分がどうしたいのか自覚していけるようになろうと思います。


・・・しかし、RUSHほんとに映像も音も凄く良かったので、週末もう一回観に行こうかな(笑

ラストエピソード。


『サザエさん』の磯野波平役などで知られる
声優の永井一郎さんが亡くなりました。


『サザエさん』に欠かせない波平。

告別式でサザエさんとカツオが読んだ弔辞を聞いて
涙したのはワタシだけではないはずです。


先週の日曜日(2/9)が永井さん出演の最後の放送。
18時過ぎからテレビの前でスタンバイしましたよ。
(ちなみにワタシは、毎週といっていいほど日曜日の夕方は
サザエさんを観ているのです。おまけに笑点も!!(笑))


2/9のラストエピソードは「波平 親切騒動」で、
偶然にも波平さんが主役の作品。


ココロがほっこりする内容で
『あ~、もうこの声を聞くことができないのか』と思ったら
これまた泣けました。


2代目波平は、ちびまるこちゃんの永沢くん役を担当している
声優の茶風林さんが起用されたとのこと。


きっとものすごいプレッシャーだろうなぁ...。


新生波平さんは来週16日から。


来週もテレビの前でスタンバイしよう☆

大雪なのだ。

この土日と関東地方でも大雪でした。
何十年ぶりという大雪だそうで後に警報も出ていましたね。

土曜の朝、部屋の窓からの様子です。
img_369804_33927143_2.jpg
まだ積もりそうですよ〜。
今日は肩の治療に出かけるのはちょっと無理かなぁ〜?

午後。
img_369804_33927143_4.jpg
かなり積もってきました。玄関のドアが開きにくいくらい。
とりあえず玄関ドアの前は雪かきしました。
道は歩くのが厄介の状態。風も強いです。
結局、これ以上に積もって、日曜日、雪かきをやりました。
確かに何十年ぶりって規模の積雪でした。


楽しみ

寒い、寒いとみんな言っていますが
ここ2、3日は本当に寒いですね。

札幌では雪祭り、ロシアではオリンピック
冬の祭典が各地で行われていますね。

年々、オリンピックが楽しく感じられるように
なってきました。

ロシアのソチと日本の時差は5時間。
日本が5時間早いらしいです。

・・・ということはメインの競技は
夜中が多い。

寝不足との戦いになる予感です。



寒い寒いと言われる
今年の日本ですが
まだ降る雪を見ていないので

競技以外にも
ソチの雪を
楽しみにしているジルでした。

初氷

おはようございます、ikeです。
春先の陽気から、またまた真冬の寒さに逆戻り。
風が強いとより一層、冷たく感じる今日この頃。

昨日、目が覚めカーテンを開けると、
結露&凍結。
部屋で氷が出来たのは初めてです。
決して窓が割れたり、汚れがたまっている訳ではありません!

20140205_073548.jpg

おかしいと思ったんだ。
窓枠を拭いてたら、『シャリシャリ』って音がするから...。

前回のブログの時も雪が降りましたが、
今日もまた雪です。

隣の席のジルはまだ今年に入って雪を見ていないとか...

雪と言えば
もうすぐソチオリンピックが始まりますね。

セローはスキージャンプのW杯で見かけた
オーストリアのイケメン選手を中心に
オリンピックを観戦しようかな...
と考えているところです。

あとは、フィギュアスケートを楽しみにしています。

長野オリンピックの時のフィリップ・キャンデロロみたいな
演技をするフィギュアスケートの選手がいないかな...
と、今から楽しみにしているセローでした。

久しぶりに高野フルーツパーラに行ってきました!

 

今の旬は苺

甘酸っぱい苺が食べたくて甘いパフェが食べたくて訪れました。

ですが、いざメニューと向き合うといろいろ誘惑され、

一つに絞るのが非常に難しく、悩んだ末、選んだのがコチラ

 

20140203.jpg

 

苺のホットパイ

 

温かいパイの上に冷たいバニラアイス、そしてたくさんの苺

外れなわけが無い!

奇跡のコラボに癒されてきました。

美味しかった!

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。