人は変われるのか。

このタイトルに対して答えを言うなら、人は確かに変わる。です。
変われるのかの答えになっていないかもしれないが、
言えることは、私はこれだけです。

タイトルが重いな。軽めにシフトしよう...と言うかこのテーマは早めに終わらそう。

普段は、あまりよく見えない「その人の根っこの部分」はおそらく変わらないと思う、
木に例えれば
見えている葉っぱの形や色、枝の流れや幹の太さまでは多少の時間はかかっても
自由に変えられると言う事。

要は、その人に変える気があるか無いかだけかもしれない。
すると、変わりたいけど、変われないとか、自分はこのままでいい!とか考える。

自分として考えた時は、自分基準・自分中心でも良いですが
自分が一番ではなく、二番や三番という自分よりも誰か(何か)を優先させる
状況になると考え方や意味が変わってくる。

そう言う環境になって、初めて自分自身でも変わろうと意識し
今まで見えていたけど「見えていないふり」をしていた事や
気づいていなかったことが気になり始めたり
人生を歩む上で、環境がずっと変わらないということは...おそらくないです。
変化の度合いに差があっても、当事者にはそれぞれが大ごとです。

計画的に何かをする事はとても大変だし、きっとそうはなりません。
しかし、計画しなくては何も見えてこないという事もあります。
時代が変わり人の環境が変わるなら、人もその都度変わるべきです。


なすがまま。 ※何このリターンエースみたいなサブタイトル。

何事も、完璧な対策というものはありません。
防災しかり、保険もしかり、あらゆることに絶対はないのであれば
流されるのも人生かなという考え方もありです。

慌てたってしょうがないというスタイルもわるくない。
ただ、中身があってのことだとは思ってます。
ある程度の経験や全体把握があっての落ち着きはいいです。
しかし、単なる投げやりでこのスタイルは大人とは呼べません。
んー北斗の拳で言うところの「雲のジュウザ」はカッコ良かった。
※私が一番好きなのは「仁星のシュウ」何ですけどね。


臨機応変。 ※もはや手塚ゾーン。(意味わかりませんよね)

出ました!私の好きな言葉「臨機応変」結局はこれです!
私の好きな箭内道彦の合気道サラリーマンだっけ?家にありますが...
ーーー(ブログネタのストックが切れた)ーーーので
残念ながら、臨機応変は、次回以降...もしくは、気が向いたら書きます。

では、この辺で。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2021年11月17日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岩塩を買ってみました」です。

次のブログ記事は「安くて便利!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。