恐怖体験。

こんにちは。


マルチーズです。


ブログ更新日になると時が過ぎるスピードに驚きます。

二週間あっという間でした...

私は、今月から社会人2年目になるのですが、
学生時代の日々がつい昨日のように感じます。

時の流れの速さに驚き、私ももう若くないのだと恐縮しました。



これにちなんで本日は、
去年の冬に体験した恐ろしい話をしたいと思います。



ある寒い夜のこと
私はいつも通り晩酌をし気持ちよく眠りに落ちました。


どのくらい時間が経ったのか、
手首の違和感で目が覚めました。


私は寝相が悪いので寝違えたのだと思い
特に気にする事なく、再び眠りに落ちようとしました。



すると...

今まで感じたことのない激痛が手首に走りました。



攣っているわけではない。


寝ぼけている私は、必死に手首をブンブン振ります。


(涙がでそうな程、痛かったのを覚えています。)




段々と冷静になり、伸ばしたりマッサージをして痛みが落ち着くと

頭に浮かんだのは



「痛風。」



いやいや、まだ早いだろ(笑)と思いつつ症状を調べると...


「暴飲暴食した翌朝、急に足の親ゆびのつけ根が赤く腫れて痛くなることがあります。
 風が吹いても痛いということで、「痛風」と呼ばれています。 
足の親ゆびのつけ根以外に、足関節、足の甲、アキレス腱のつけ根、膝関節、手関節にも激痛発作が起こることがあります。」
-日本整形外科学会 病気を調べる-より抜粋


私は、ハッとしました。

心当たりがあったのです。



それでは、ご覧ください。


海鮮居酒屋かいりで、


「痛風鍋」


IMG-7666.jpg


これは手首に激痛が走る前日に食べたお鍋の写真です。

ウニのスープに、牡蠣、あん肝、白子がたっぷり入ったお鍋。


痛みの原因はこの鍋に違いないと確信しました。



生活習慣を見直さないといけないと思いました。



私の場合1,2時間程で痛みが収まったので予備群だったのか...

あの日以来、手首が痛むことはありません。




カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2022年4月28日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「UTMF2022」です。

次のブログ記事は「注意が必要な時期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。