ロボット産業?

おはようございます。



都心環状線です。



寒い。もう木々の葉も寂しくなり、
季節を肌でも目でも感じますね


先日にあるセミナーでロボット産業の話を聞いて
ぞわぞわしました。



最近のロボットの性能、機能、学習能力など、
目覚ましいアップグレードを繰り返していました。

4DAA36FF-7B1F-4685-8D93-BC405382312E.jpeg

昔はガシャガシャ、ギシギシ、ウィンウィンと機械音と
ぎこちない動作が数年前?

9DEAEE92-E2C5-4270-BE9E-9F795306DCF0.jpeg

今では滑らかな動きで正確性も抜群。
なかにはAI学習で、事前のプログラミング動作だけでなく、
その場の状況を認識して、ロボットが動作を判断する。
そんなロボットも多くあり、情報の収集、整理も当たり前の
ようにできるため、最適な選択がしやすいと。

BFCF3EED-2FBB-44C2-A950-E154977DC41E.jpeg
こういった製造や、

CE07ADB7-F133-4E9D-99A3-DA473CAB8E5F.jpeg

お寿司も作れる。

そして遂には、

BC559E7D-C37B-4D86-93E8-8F76BBF42853.jpeg

テスラが自動運転タクシー、シェアカー事業を発表。

各自動車メーカーも自動運転などの展開を進めており、
遂にきた感が。。。
形式としては、テスラオーナーが車を利用してない時は、
車が自動でタクシーとして、シェアカーとして利用されて、
お金を稼いでくる。
自動運転車としてモデルではなく、テスラオーナーにも
事業をシェアすることで、拡大を図ると。

人間は週5日、1日8時間ほどのワークスタイルですが、
ロボットは週7日、1日24時間働きます。しかも文句も
言わず、むしろAIがより良い生産効率化を図ってくれます。
単純に3倍以上働くことができるロボットに、取って代わられる
ことのないように、なにか考えなきゃな。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2021年10月12日 08:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AI vs ヒト」です。

次のブログ記事は「どうしようもなく...なるもの。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。