高校野球の応援

text by 赤様

先日、プロ野球の千葉ロッテの応援を、
地元高校生の吹奏楽部が行うという出来事があった。

プロ野球の応援というと、
各選手オリジナルの曲を少数のトランペットで奏でているが、
何十人もの吹奏楽が響き渡るナイターは、
かなり新鮮な光景だっただろう。

ロッテ球団の方から依頼したと聞いたが、
高校生とプロチームのコラボという点でも興味深い。

高校生の応援と言えば、
甲子園のようなコンバットマーチがお馴染みだ。

全国で使われるほとんどのコンバットマーチは、
東京六大学野球の各大学の学生が
在学中に作ったもので、
なかにはタモリやサンプラザ中野が作曲したものもある。

でも最近では、
各高校が独自のものを使い、
それを持ち味にしていて、
演奏がCD化されていたりもする。

甲子園のテレビ中継の影響もあって、
野球の強豪校は、
吹奏楽のコンクールでも好成績だったりする。

高校野球ファンの間では、
「どこそこの高校の応援はこういうところがいい」
などとSNS上で盛り上がり、
その学校が甲子園に出場すると、
スタンドで野球を見ずに
応援の動画を撮っているファンまでいる。

それに留まらず、
今では高校野球の応援だけのEXPOが行われるくらいで、
先日、甲子園常連の6校が、
幕張メッセで夢の共演をしたのだそうだ。

さて7月になり、
各県の予選も続々スタートしている。

今年、甲子園は100回目の夏を迎える。

僕らの世代では、
高校野球の応援と言えばPL学園の人文字だったが、
100回もの回を重ねると、
様々な楽しみ方が出てくるものだなあと感心する。


カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2018年7月 6日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大衆酒場の幻のお酒『ホイス』が呑兵衛の心をマジ卍した件(この記事は約3分で読めます)」です。

次のブログ記事は「平家と源氏。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。