恵比寿映像祭に行ってきた。

恵比寿映像祭とは、年に一度10日間にわたり、
東京都写真美術館全館で開かれる、
展示、上映、ライヴ、講演、トーク・セッションなどの複合イベント。

友達が何人か出品してたのと、エキソニモの作品の評判がよいので、
観に行こうと思い、恵比寿映像祭に行ってきました。

私は、最終日すべりこみでいったため、
上映スケジュールがあわなくて、結局友達の作品は観れず。
エキソニモの作品は、もうすでに予約がいっぱいで、
(体験型の作品だったので、予約が必要だったのです)
仕方ないので、無料展示のスペースだけ観てきました。

映像祭といっても、映像を上映しているだけじゃなくて、
(映像作品だけのの展覧会って、なんだかだるい...)
映像を利用したインスタレーション作品も多くて、
なかなか楽しめました。

中でも面白かったのを、ひとつご紹介。

カロリン・ツニッス&ブラム・スナイダ―スの作品、〈RE:〉。
これは、プロジェクターが投影する映像を、
鏡を介して自身にかえし、
プロジェクターの表面を偽る作品です。
ビルや大型モニュメントを用いて展開される
立体投影技術とその動向を逆手に取った、
超ミニマル・プロジェクション・マッピング作品だそう。

ex6_zuhan.jpg

平面映像を、鏡を利用する事で六面にプロジェクションする、
その緻密な作りもすごいですが、発想も面白かったです。
反射させるために鏡に映った、プロジェクション映像も美しく。

予定していたものは何も観れなかったけど、
それなりに楽しめた一日でした。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2012年2月29日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドントストップ。ミニストップ。」です。

次のブログ記事は「何やってんの!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。