年賀状

text by 赤様

デジカメで撮った写真や、ネットから拾えるフリー素材があるので、
年賀状を書くのは、以前と比べてずいぶん楽になった。
だから僕も、今ではパソコンを使うようになった。

しかしそれ以前は、僕は手書きにこだわっていた。
プリントごっこが全盛のときでも、意地でもそれは使わず、
毎年かなりの時間を使って、しかもひとり一人に異なるメッセージを書いていた。

だから、正月休み中に書き終わらないことがよくあった。
教室で仲間と顔を合わすと、もうその年は書かなくてもいいかな、
なんて思ってしまうことが多かった。

今年届いた年賀状を見ていて、そんなことを考えていたら、
ふと、ある年賀状のことを思い出した。
それは、僕が高校2~3年のときに、同じクラスの友人からもらった年賀状だ。
それは今でも忘れられないモノなのだ。

彼は、僕とは比べ物にならないくらいの凝り性で、
4枚組みの力作を、なんと2度も送ってくれた。

あまりにも秀逸で、僕ひとりで楽しむのはもったいないので、
20年もの歳月は経っているが、ここで紹介したいと思う。

こちらが1987年にもらった年賀状(4枚組み)
  ※ ↓をクリック(画像が大きいので)
View image


そしてこちらが1988年にもらった年賀状(4枚組み)
  ※ ↓をクリック(画像が大きいので)
View image

彼とは地理の成績でいつも僕とクラスのトップを争っていた。
僕は他の教科はからっきしだったが、彼はどの教科も秀でていた。
強いてあげれば、他に僕が勝てるのは、体育くらいだった。
彼はノートも参考書のように見事に整理されていて、
出版したいくらいのシロモノだった。
そんな秀才な彼だが、僕とは毎日教室で冗談を言っていた。

僕は全くマンガが読めないのだが、
休み時間に、仲間が廻し読みしている少年ジャンプの中で、
唯一興味があったのが「こち亀」で、彼がそれをチョイスしたのだ。

見てのとおり、絵も抜群に上手い。
でも、どんな絵を描いたかということよりも、その情熱に感服する。
ここには出していないが、もう1年分あわせて、
合計17時間を制作に要している。
しかも文章も笑わせてくれる。
まさに、こういうのを宝物というのだろう。
彼のその思いに感謝するのと同時に、
僕はこの年賀状は一生とっておくことを約束する。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cforceが2009年1月16日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年が明けた」です。

次のブログ記事は「グラフィック・デザイナーを再確認してみる年に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。