じんぎなきたたかい 序章

おはようございます。ikeです。
今回のテーマは【じんぎなきたたかい】ということで、
因縁のヤツ等との戦いをご紹介します。


~199X年 夏~
そう、この年からヤツ等との身の毛もよだつ戦いが始まった。

当時、私は高校3年生で部活の合宿で学校に泊まっていた。
この期間は殆どの部活は行なわれておらず、
学校に居るのは一部の先生と、部活の仲間のみであった。

普段何気なく過ごしている学校に、まさかあんなにも
ヤツ等が潜んでいるとは思いもよらなかった。

ヤツ等はここぞとばかりに学校内を徘徊し、
至る所で集団(2~3)で会議をしていたり、
一匹狼の如く動き回っていたりした。

そんな時だった、私の軽はずみな行動が、
ヤツ等をとんでもない行動に移させてしまうとは・・・




一人寂しく佇んでいるヤツを発見したike少年(当時17歳)。
軽く蹴飛ばしてみた。


すると、


何と! w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
水泳のターンの様にこっちに向かってくるではありませんか!
しかも、【Frying Mode】で。

噂には聞いていたが、実際に飛んで来られると、
驚きよりも、恐怖で慄く。

まるで私の爪先に吸い寄せられるように、ピタリと着地。

その時からだ。
ヤツ等との想像も絶するような戦いが繰り広げらる様になったのは。
例え、ヤツ等が絶滅危惧種に指定されようが、
私は最後の最後までヤツ等と戦うと決意したのは!


つづく ∑('◇'*)エェッ!?

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2010年10月21日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「週末は寝ます。」です。

次のブログ記事は「生物多様性にみる関西のおばちゃん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。