都市伝説

先日、ある調べものをしていたら、
ネットで興味あるキーワードにぶつかりました。
私は初めて見たときにとても共感を感じたアニメ、
ジブリの代表的作品「となりのトトロ」です。
父親の吹き替えが糸井重里さんと言うことでも
話題になってました。
このアニメ作品に多くの裏話があるというのです。
「となりのトトロ」の都市伝説ですね。

例えば、トトロは冥界の使者であるとか、
メイという女の子は死んでいた、とか、
思ったより後ろ向きな内容なのですが、
これがひとつの仮説として考えてみると
興味深いものがあります。

興味のある方は、ネットで検索してみてください。

この話は、もちろん「伝説」と言っていますから、
作者の意図と同じかどうか、私には分かりませんが、
ひとつの物語を色々な角度から考察してみる面白さが
あると思うと、見る人の数だけ「もう一つの」物語が
存在するのかも知れません。

私が「となりのトトロ」を初めて見たときに感じたのは、
年代から来る郷愁に似たものがありました。
猫バスを待つ森の風景は、父の田舎を思い出させましたし、
多少夢物語のようなものの見方をしていた自分もいたことを
そこに再発見したり。
(遠くから見える電柱が人に見えたりしましたから)

この類の「伝説」は、きっとまだまだ存在すると思います。
現実的なことに日々追われていると感じますが、
時にはこんな伝説の世界を彷徨ってみるのも
必要な時があるような気がしています。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cforceが2007年6月 4日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「豆乳ドーナツ」です。

次のブログ記事は「感謝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。