音楽にふれる

おはようございます。たまごです。
先日、縁があって第929回オーチャード定期演奏会に行ってきました。
191127_1.png
中学・高校時代に吹奏楽部だったので、オーケストラには少し馴染みはあるのですが、そうはいっても、実際のコンサート会場に足を運ぶのは数年振りの記憶です。

曲目はラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲と、マーラー/交響曲第1番『巨人』。

ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲では、舘野泉さんによるピアノ演奏がなんといっても素晴らしかったです。事故で右半身不随になって以降、左手のピアニストとして活動されていらした舘野さん。もし知らずに聴いたとしたら、左手だけで演奏しているとは思えないんじゃないかというほど、優美な演奏で...。当然、曲自体も、左手のみで演奏できるようにアレンジが加えられているようですが、そうは言っても、技術あってこそのものなのは確かです。 アンコールでは「赤とんぼ」を、左手のみで演奏してくださいました。

続くマーラー/交響曲第1番『巨人』は荘厳な演奏で、特に第4楽章の最後にホルンが起立して演奏する部分が印象的でした。学生時代に部活でホルンを吹いたことを思い出しながら聴きました。
また、第3楽章では、日本では「グーチョキパーでなにつくろう」という歌詞で有名な、童謡「フレール・ジャック」を短調にしたメロディが流れるのがおもしろかったです。ちなみに今回のことで、「グーチョキパー」の曲の発祥を調べて、「フレール・ジャック」のことを知りました。もともとの歌詞は、"修道士が朝課のために鐘を夜中や夜明け前に鳴らしていた(Wikipediaより)"ことにちなんでいるんですね。
参考:交響曲第1番 (マーラー) 第3楽章 Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen(Wikipedia)

 

最後に、コンサート会場に向かう前に、渋谷にある台湾料理屋「麗郷」にはじめて行ってきたのですが、そちらの海老チャーハンの写真を載せて締めくくりたいと思います。
191127_2.jpg
古くからの人気店だけあって長蛇の列で、30分ほどで入れて堪能してきました。次回に行く機会があったら、名物の蜆(しじみ)と腸詰を食べてみたい。
以上、たまごでした。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2019年11月27日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国内締めくくりのトライアスロン大会へ」です。

次のブログ記事は「コーラ飲み放題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。