小吃好吃

先日会社の近くにお店がある、
台湾スイーツの豆花(トウファ)を食べてきました。

http://tokyomamehana.com/

場所は丸ノ内線・淡路町駅からほど近い場所にあります
「東京豆花工房」さんです

名刺.jpg

メニューは「豆花」のみの専門店で、
種類はトッピンなし(540円税込)、トッピングあり(703円税込)、の2つです。
イートインも持ち帰りもOKということでマッチ棒は店内でいただいてきました。

冷たい豆花(夏季限定)と温かい豆花のどちらかを選ぶことができ、
温かい豆花はシロップが黒糖と生姜の2種類選べるとのこと。

私は温かい豆花を黒糖シロップで、トッピングありで注文。
選べるトッピングは1種類~全種類!(しかも好きな種類を多めにしても可)
ということで欲を出し全種類をトッピングしました。

豆花.jpg

この日のトッピングは
あずき・ハトムギ・白きくらげ・タピオカ・しらたま・さつまいもでした。
日によって選べるトッピングメニューが変わるということだったので
すでに次回は何を頼もうかな~と思案(気が早い)

食感がツルッツルのフルッフルでとっても美味しかったです!
しかもけっこうお腹いっぱいになります。。。

一緒に行った友人は煮あずきが苦手だったそうなんですが
優しい甘さのあずきはとても美味しく食べやすかったそうで笑顔で完食。

私も美味しかったので無我夢中で食べ無言(笑顔)で完食。
また行きたいなというお店が増えてとても嬉しい今日この頃です。

ところで台湾スイーツブームの火付け役・代表格といえば
今回も登場したタピオカを使ったものが有名かと思います。

マッチ棒はずっとタピオカはタピオカという植物の実か何かだと思っていたのですが
実はキャッサバという熱帯地域の木になるお芋(根茎)が原料で
タピオカはそれを加工したものらしいですね...知らなかった...

実はけっこう高カロリーな食品で
あのタピオカのまる~い形になる前の糊化したものは、
食品の増粘剤として市場に出ており

例えばポンデリングのモチモチ食感を表現するためにタピオカは
必要不可欠な存在であったとも知ったマッチ棒 衝撃


どんな業界にも縁の下の力持ちはいるものだなと思うマッチ棒
すきなミスドはチョコファッションです


マッチ棒

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2018年11月27日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリスマス気分(ドリ編)。」です。

次のブログ記事は「クリスマス気分(たまご編)。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。