高尾で9時

先日友人と初めて高尾山へ行きました。
マッチ棒は中学生以来ちゃんと山登りをしたことがないため、
服装や持ち物などまるでわからず

補給食としてブラックサンダーをポッケに携え
小学生の時履いていたGパン・しまむらで買った
シャカシャカするジャンパー(名前がわからない)
という服装で早朝7時半高尾山へ出発

爆睡して記憶がない京王線...
早朝9時高尾山口駅に到着...
八王子の澄んだ空気と美しい川のせせらぎ...
人々はケーブルカー乗り場に吸い込まれていく中
我々は「高尾山の1号路は気軽に登れるって聞いたことあるし
ケーブルカーを使わなくてもきっと楽勝だな!」
という糖度100%の甘い考えでとりあえず
山頂までの中腹にある高尾山さる園を目指し
1号路をスタート(これが試練の始まり)

歩き始めて早10分、静かな山道で
すでに友人との会話は息も絶え絶え...
そして気づくのです..."常日頃の運動不足に加え
てこの坂道は超キツくない?"と...

そもそも考えてみればその筈でした。
勾配があって便利だからこそケーブルカーがあるわけで、
高尾山は"坂が割と急"だということに気がついた頃には
汗だくで道端のドングリを見つめていたのでした...

01_どんぐり.jpg


ちなみに高尾山のHPによると
"最急勾配は31度18分、
ケーブルカーの線路では日本一の急勾配となっています"
とのこと

とはいえ1時間半かけてなんとかケーブルカーの終点、
そしてとりあえず目標の高尾山さる園に到着

02_さる_A.jpg

02_さる_B.jpg


02_さる_C.jpg

02_さる_D.jpg

しばしの間おさるさんたちを見つめたり
おさるさんたちに餌をやったり
おさるさんたちを写真に撮ったり

03_おでん.jpg

近くのお茶屋さんでおでんを食べたり...

...あれ...?そもそもマッチ棒たちは
高尾山に何しに来たんだっけ?
そうだ、登山に来ていたんだった!!!
中腹で一時間ほど現実逃避をしていましたが
やっと本来の目的を思い出しました。
勇気を出して頂上を目指し天狗のお守りが
たくさん売っている神社ゾーンを抜け、ついに
山頂へ12時半にゴール...スタートから3時間半が
経過しておりました...

股関節周辺がすでに筋肉痛で脚がプルプルだったために
帰り道はケーブルカーに乗ることに

04_看板.jpg

片道6分、一瞬でした。
(やっぱり文明の利器には勝てないなあと痛感)

山頂からの下山は30分ほどで、その後おみやげ屋さんを
物色したり、お蕎麦屋さんへ行ってみたりしましたが
夕方5時には家に帰宅。

その翌日、筋肉痛の体を引きずりながらスーパーに行くと
なんとずっと食べたかったチョコミントアイスを発見。
夏の間全く見つけられなかっただけに、めっちゃツイてる...

お参りもしましたし、坂もたくさん登りましたし
きっと高尾山のご利益でしょうか?
これからは通勤時の駅の階段もできるだけ登ろうと
マッチ棒は心に誓いました。
(違う、そうじゃない)

マッチ棒

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、cmemberが2018年10月30日 08:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャイ子。」です。

次のブログ記事は「地は固まるか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。