株式会社シーフォースロゴ

CROSS TALK

営業×制作の対談

シーフォースに入社したばかりの2人に入社のきっかけや
仕事に対する想いを対談してもらい、さらに就職活動についても聞いてみました。

渡辺絢子

営業部

渡辺 絢子

ayako watanabe

・新卒入社(2018年入社)
・四大の国際学部出身
・趣味:野球観戦

田中裕真

企画制作部

田中 裕真

yuma tanaka

・中途入社(2018年入社)
・自動車会社出身
・趣味:映画鑑賞

Q

仕事を選んだきっかけ/入社のきっかけ

渡辺絢子

田中さんは自動車会社にもともと勤めていましたけど、
どうしてウェブに移ったんですか?

僕はウェブを学生時代に学んでいて、前の会社で働いているときに
学生時代にやりたかった仕事をしたいと思い、今の仕事に就きました。
その中でもシーフォースを選んだのは、様々な会社を選考中、
ウェブの方にも力をつけていきたいというお話を面接時に聞いて、
新しいことに挑戦する姿勢に共感してシーフォースを選びました。

田中裕真

渡辺さんはどうして営業職に就いたんですか?

田中裕真
渡辺絢子

私はブライダルスタッフのアルバイトを4年間やっていて、
具体的な仕事は式場見学にいらしたお客様にお料理の説明や提案を行っていました。
プランナーと手を組んでの接客ですが、お料理の美味しさ、写真映えの良さはもちろんですが、サービススタッフとしていかにお客様の心をつかめるかも成約の決定打になります。
お客様を一番に考え続けた結果、営業として働きたいと感じるようになりました。

渡辺絢子

シーフォースに入社したきっかけは、
お客様を大事にしている事に共感したことはもちろんですが、
「創る、楽しむ、提案する」を完結できることがシーフォースの強みだと感じ、
多岐にわたってお客様に寄り添えるという点や、美術品の図録を取り扱っている点で、美術に少しでも関わりたいと感じていた私にとっては、
やりたいことがシーフォースでなら叶えられると考えたことが決め手です。

Q

シーフォースでやりたい業務はありますか。

渡辺さんは現在、研修中ですよね?どんな研修をしているんですか?

田中裕真
渡辺絢子

まったく広告には無知な状態で入ってきたんですけど、
各部署で何日かずつ研修を行い、どんな仕事をしているのかとか、
どういう流れで仕事をしているのかなどを教えてもらう中で
基本的な知識も身につきました。

渡辺絢子

田中さんはどういうスタートだったんですか?

僕の場合はシーフォースのウェブの考え方や方針を教えてもらった上で
業務のアシスタントとして早速ウェブサイトの更新作業などを
任せてもらっています。

田中裕真

渡辺さんは研修を通じてやりたいと思った業務はありますか?
僕は今後は部分部分だけではなく全体を通じて仕事をしていきたいです。
あとはウェブだけでなく色んな人と関わり合いながら
知識を増やしていきたいです。

田中裕真
渡辺絢子

私はなんでも挑戦してみたいという性格だからなのか、
なんでも知りたい、全体を把握したいと常に思っていて、
制作管理部に興味を持ちました。

渡辺絢子

他部署とのやりとりだけでなく、外注を委託している企業とも
お取引があるため、コミュニケーションを大切にできる場所としても
営業と同様に憧れを抱きました。

Q

シーフォースでチャレンジしてみたいことはありますか

今はいろんなことをインプットしていて、
映画やテレビ番組などで色んなデザインや表現を吸収した上で、
仕事として噛み砕いたものをアウトプットしていって
新しい仕事をとっていきたいですね。

田中裕真

渡辺さんは美術品に携わりたいと言ってましたよね。

田中裕真
渡辺絢子

はい、美術品を取り扱っている点でシーフォースに興味を持って
入社したので、カタログ製作にはチャレンジしてみたいです。

渡辺絢子

シーフォースは画像補正の精度が非常に高いので、
完成された美術品の図録を見たときは感動してしまいました。
自分で一からプロデュースしていきたいですし、
もっとその類の案件を増やしていきたいです。

Q

会社の雰囲気

部署間の隔たりがない分、他部署への移動やコミュニケーションもしやすく感じますね。

田中裕真
渡辺絢子

すごく分かります!
みんなの顔が見通せるので誰がどこにいるかすぐ分かりますよね。

屋上でお弁当を食べたんですが、日当たりも風通しも良く、
小川町を一望できてとっても気持ちよかったですよ。

田中裕真
渡辺絢子

新設されたばかりですもんね。

渡辺絢子

その時に女性専用のパウダールームが設備され女性に優しいと強く感じました。
それに時短勤務しながら子育てをしている女性もいらっしゃるので、
女性にも働きやすい雰囲気ですね。
まだ男性が多いですがこれから女性が増えていくことが楽しみです。

Q

就職活動をして感じたこと、変わったこと

まずは色んな会社を見るべきだと思います。会社によって考え方だったり、
求めている人材が違ったりするので、
自分が会社でやりたいことと求められているものが違う可能性が
あったりしますよね。面接や説明会に参加するなどして、
書面だけでは分からない生の声を聞くことが大事だと感じました。

田中裕真

渡辺さんはどうですか?

田中裕真
渡辺絢子

私はやりたいことが多かったものの、実際企業の面接に落ちる度に
“何にも向いているものがないんだ”と落ち込んだことがありました。

すごく分かります。

田中裕真
渡辺絢子

しかし、ある人から
“向いている・向いていないは自分で決めることではない。
自分で向かせていくものだし、企業が決めることだ”と
言われたことがきっかけで本当にやりたいことに向き合うことで
就職活動の軸ができてきたのを感じましたね。

Q

就職活動中の学生にメッセージ

“自分のやりたいことは決めておけよ”と過去の自分に言いたいです。
色んな会社の考えや色んな人の意見を就職活動中は聞いたりすると思いますが、
しっかりと決めておくことで自分がブレない仕事に就けるのではないかと思います。

田中裕真

もし、うまくいかないなと思った時は、
自分の好きなことに没頭して気持ちを切り替えたりして頑張って下さい。

田中裕真
渡辺絢子

先ほど田中さんも仰ってましたが、とにかく色んな企業の説明会に 参加することが大事だと思います。
やりたいことが見つかっていない学生さんが視野を広げるためにもそうですが、
私のようにやりたいことが多くなってしまっている学生さんこそ、自分の優先順位はどうなっているのか、どの業界、企業なら自分が楽しく働けるのか、
将来の自分がどうなっていたいのかと向き合うために様々な企業を知ってください。

渡辺絢子

また、いつも使っているものがどの企業で生産されているのか、
どの企業が企画したものなのか常にアンテナを張っていると
就活のイメージが具体化してくるのではないでしょうか。
絶対に自分を評価してくれる企業はありますので、自信を持って就職活動に挑んでください。

最後までご覧くださりありがとうございます。いかがでしたでしょうか。シーフォースに入りたての2人ならではの目線で話をしてもらいました。この「CROSS TALK」を通じて弊社に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

社員ブログ